精神が安定する

きれいな女性

日本人の閉経年齢は、平均すると50歳前後と言われています。
この閉経の前後10年間は更年期と呼ばれ、女性が身体の不調を起こしやすい時期とされています。
よくあげられる症状としては、ほてりやのぼせ、急な発汗、動悸、頭痛、イライラ等があり、重い場合は寝込んでしまい起き上がることすらできないこともあるのです。
こうした更年期障害が起こる原因は、女性ホルモンエストロゲンの分泌が減少したことにより、自律神経がうまく働くなるからとされています。
そのため、これらを改善するには、婦人科や更年期外来のある病院でエストロゲンのホルモン補充治療を受けることが有効です。
このホルモン補充治療は、特にほてりやのぼせ、動悸といった血管運動系の障害には高い効果があるとされています。

大変効果の高いホルモン補充治療ですが、一方で乳がんや子宮がんへのリスクが高まるという指摘があり、そのためこの治療に踏み切れないといった方も少なくないようです。
このリスクについては諸説様々ありますが、産婦人科学会としては定期検査を受けた上での治療の場合はほとんど問題ないといった意見が大勢を占めています。
ただ、元々高リスクで適さない方やどうしても踏み切れない方は、サプリメントや漢方で補うという選択も可能です。
たとえば、大豆の胚芽から抽出した「大豆イソフラボン」という成分はエストロゲンと似た働きをすることが知られ、これが含まれたサプリを取ることでホルモン補充治療の代わりが期待できます。
漢方は、「当帰芍薬散」「加味逍遥散」「桂枝茯苓丸」が更年期障害に有効なものの代表ですが、これらは体質により合う合わないケースがあるため、必ず専門家に相談することが大切です。